Pro bonoプロボノ(ボランティア)

“Fast alone,
Far together!”

         

“早く行きたいなら、ひとりで行け。遠くへ行きたいなら、みんなで行け”


グラミン日本は、「プロボノ」が主体となり、お互いを助け合い・補い合いながら社会課題の解決に向けて活動しています。

       

プロボノ活動は「あせらず、着実に」

プロボノの活動イメージ
           

「プロボノ(Pro bono)」は、職業上のスキルや専門知識をボランティア活動に活かしている人々のこと。グラミン日本では、プロボノや学生ボランティアが運営主体として活動しています。さまざまなバックグランドをもつメンバーが、日本の貧困問題の解決という大きな社会課題に向けて取り組んでいます。リモートワーク中心のチームやプロジェクト単位での活動のほか、定例の全体ミーティングや交流会もあり、明るく楽しみながら活動しています。

サポーターの声

  • 学生として社会人の方(特にさまざまな知識や経験を持った方)と関わる機会がいままでなかったので新鮮で嬉しいです。
  • 本業では得られない経験や多様な仲間達と出会うことができます。忙しい中でも他の方たちのために頑張っている人を見ると意欲が湧きます。
  • 本業だけではわからなかった自身のスキルや弱みに気付き、新しい経験が備わっていくことがよかったです。
  • 貧困問題についての取り組みについては今後さらに情報収集をしたいです。いろいろな背景の人達と関わり、刺激を受けています。
  • シングルマザーの方の就労支援にも参加することができ、役に立てていると感じられるのは大きなモチベーションです。

本業で培った経験やスキルが社会課題の解決に活かせること、多様なメンバーと交流を通じて、人脈や視野が広がることが大きな魅力です。

グラミンサポーターのご紹介

企業プロボノ

パートナー企業の皆さまがグラミン日本の事業をサポートするために活動しています。

個人プロボノ

グラミン日本のビジョンに共感し、個人として活動に参加しています。

上木恒宏さん

監査上木恒宏さん

まだまだ多くの方の助けが必要です。得意な分野を生かしてチームで一歩一歩進んでいきましょう。

鈴木信也さん

学生インターン鈴木信也さん

リモート活動なのでアメリカから参加する学生もいます。少しでも興味があればご参加ください!

関根健太さん

リサーチ&翻訳関根健太さん

マイクロファイナンスで貧困問題にどうアプローチするのか。グラミン日本の活動を覗いてください。

徳安良太さん

会員事業徳安良太さん

自分が考え、実行したことが事業推進にダイレクトかつクイックに反映される点がやりがいです。

永井うらんさん

寄付事業永井うらんさん

自分の携わった仕事によって活動が一歩前進したと実感したとき、やりがいを感じます。

中川理恵さん

事務局中川理恵さん

子どもたちの笑顔が溢れる社会にしたいと思う方、ぜひグラミンで一緒に活動しましょう!

丸山瞳さん

CS&SRM(カスタマーサポート&顧客管理)丸山瞳さん

普段お会いすることのない方とお話をする機会を通して、共感の幅が広がります。

森篤史さん

IT・システム森篤史さん

ITの知識と経験を活かした活動が、目に見えるアウトプットにつながっているのがやりがいです。

横治明彦さん

コンプライアンス横治明彦さん

プロボノの多くは裏方として活動することになりますが、これまでの知識や経験が必ず役立ちます!

渡利博行さん

経理財務渡利博行さん

経理業務は普段はリモートですが、月1回のミーティングは和気あいあいで楽しく活動しています。

グラミンサポーターになるには

グラミンサポーター行動指針

  1. 自ら関わる

    チームごとに役割が多岐にわたり、多くのメンバーが動いている中で、自ら積極的に、主体的に動き、自分のやりたいことを実現する

  2. グラミンメンバーの視点に立つ

    活動の先にいるグラミンメンバー(支援対象者)を考え、声を聴き、寄り添う

  3. 多様性を尊重する

    同じ志を持つ多様な仲間の価値観や思いを尊重し、良いところを学び合う

  4. 自覚と責任を持つ

    グラミンサポーターとして自覚と責任をもち、成果を上げるまであきらめずにコミットする

グラミンサポーターになるには

現在グラミン日本では、ボランティア募集サイト「activo」で個人プロボノを募集しています。

グラミン日本 個人ボランティア募集

応募条件

グラミン日本では以下の方と一緒に活動したいと考えています。

  • 日本の社会を、「誰もがいきいきと社会で活躍し、持続する」社会に変えていきたいという、揺らぐことのない強い動機がある方
  • プロボノとして一定の活動時間を確保できる方

    【活動時間の目安】
    月に1~2度、オンラインでの打ち合わせが対応可能
    月に20時間程度作業が可能(職種によって異なることがあります)

  • グラミンサポーターの行動指針に基づいて活動ができる方
  • ご自身でPC・インターネット環境が用意できる方
  • 入会後半年間は活動いただける方

グラミンサポーター登録までの流れ

  1. 説明会申込

    ・グラミン日本について知っていただくため、サポーター説明会に参加いただきます。(簡単な自己紹介をしていただきます)

    開催日:原則 毎月第3月曜日 19:00~20:00

    ※ZOOMによるオンラインで実施します。
    ※事務局担当者より説明会のご案内を送付いたします。

  2. 説明会参加

    ・グラミン日本の概要・活動内容についての説明・質疑応答をいたします。(30分~1時間)

  3. 履歴書提出

    ・履歴書をwebフォームで提出していただきます。また、事前課題として、ワークシートの作成に取り組んでいただきます。

  4. 個別面談(オンライン)

    ・日程調整のうえ、チームリーダーまたは事務局と個別面談を実施します。事前課題を発表していただきます。

  5. 登録

    ・面談後、誓約書を提出いただき、サポーター登録を行います。登録後、活動開始となります。

手を繋ぐアイコン寄付について  ハートが浮かぶ手のアイコン支援をご希望の方