小野玄起さん

小野玄起さん

所属
マーケティング・広報
分類
個人プロボノ

入会のきっかけ

会社の同僚から、「専門性を生かしたボランティアである『プロボノ』という活動がある」と聞き、プロボノというものに興味を持ちました。恥ずかしながら、ボランティアというと「川のゴミを拾う」とか「炊き出しをする」というようなイメージしかなかったのですが、プロボノであれば自分の持ち味を生かした形で活動できると思ったからです。私は10年ほど企業広報のキャリアがあり「プロボノ 広報」で検索して一番最初に出てきたグラミン日本に参加希望を出しました。

バングラデシュの「グラミン銀行」のことはニュースなどで知っていたので、団体に対する安心感もありました。

どんな業務を担当しているか、またそのやりがい

広報・マーケティング関係のチームに所属し、プレスリリースの調整や発行、各種SNS運用を担当しています。他にもウェブサイト制作や、取材対応など、単発の案件に都度対応しています。

広報関係は案件ごとに色々な部門、担当者の方と一緒にお仕事ができるので楽しいです。

これまで一年半ほどグラミン日本で活動していますが、本業ではできない色々な経験をさせていただき、人間的にも成長できたと感じています。

入会を考えている人に一言

ボランティア活動は細く長く続けることが大切だと思います。

私の場合は「自分の専門性を活かす」と意気込んで参加したものの、本業とは色々と勝手が違い、最初は戸惑いの連続でした。また、グラミン日本は比較的新しい組織であり、まだまだ発展途上で、決まっていないことも多いです。

それでも活動を続けていると色々と分かってくることも多く、仲間と知恵を絞っていると、そのうち妙案が出てきます。

ご興味がある方はぜひプロボノ向け説明会にご参加ください!

手を繋ぐアイコン寄付について  ハートが浮かぶ手のアイコン支援をご希望の方