反社会勢力に対する基本方針

一般社団法人グラミン日本
反社会勢力に対する基本方針

当団体は、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人(反社会的勢力)による被害を防止し業務の適切性を確保するため、次のとおり基本方針を定めます。

反社会的勢力との関係遮断

本規範の適用者は、取引関係を含め反社会的勢力の不当要求に対しては毅然かつ断固として拒絶し、反社会的勢力への資金提供、事案を隠蔽するための裏取引等は一切行ってはなりません。
反社会的勢力から接触を受けた場合は、個人で対応せず所定の手続きに従って速やかに関係部署に報告・相談し、組織として対応しなければなりません。また、警察、弁護士等の外部専門機関とも積極的に連携します。