visionグラミン日本の目指す姿

グラミン日本が目指す社会

  • 貧困・生活困窮に陥った時、そこから脱却する助けがセーフティネット/ソフトインフラとして整備されている社会
  • 生業的な起業(プチ起業/小商い)が普通にできる社会
  • Job SeekerよりJob Creatorが活躍できる社会
  • 地域・コミュニティがお互いに助け合い、共感のある社会
  • ユヌス・ソーシャルビジネス7原則が実践される社会
  • 会社が、株主だけでなく経営者、社員、取引先、顧客、地域・コミュニティなど全ステークホルダーに貢献する社会

グラミン日本はグラミン銀行のノウハウを生かし、主に生活困窮の状態にあるシングルマザーや非正規労働の女性を中心に、マイクロファイナンスや5人組の互助関係を提供するとともに、多様な企業・団体とのパートナーシップの下で、就労および新たな事業機会を共創し、「一歩を踏み出す機会」を提供しています。

私達のゴールは、生活困窮の状態にある方が自立に向けた意欲を高め、「こうありたい」と願う夢に、一歩を踏み出せるようになることです。

そして、一歩を踏み出した方にとってグラミン日本が「家=心のよりどころ」となり、また、誰もがいきいきと活躍する持続可能な社会を実現することです。

グラミン日本の理念

MISSION組織の使命

マイクロファイナンスと多様なパートナーとの共創によって生まれる「一歩を踏み出す機会」を、人々に提供していきます。

VISION組織が目指すゴール

           

誰もがいきいきと社会で活躍し、持続する社会

VALUE団体の価値観

チャンスを願い、一歩を踏み出そうと想う人々の伴走者であること

ユヌス・ソーシャルビジネス7原則

グラミン日本は、ユヌス・ソーシャルビジネス7原則に基づいて設立され、運営されています。
  1. 利益の最大化ではなく、
    社会問題の解決こそが目的であること

  2. 財務的に持続可能であること

  3. 投資家は投資額を回収するが、
    それ以上の配当は分配されないこと

  4. 投資額以上の利益はソーシャルビジネスの拡大や
    改善のために使うこと

  5. 環境へ配慮すること

  6. スタッフは標準以上の労働条件・給料を得ること

  7. 楽しみながら仕事をすること

グラミン日本創設に際して

グラミン銀行創設者:
ムハマド・ユヌス博士のメッセージ

           

マサ(グラミン日本創設者:菅正広氏)、彼のチームの皆さま、おめでとうございます!

国連関連行事の予定と重なり、グラミン日本設立という重要な行事に際して東京で皆さまと一緒にいられないことが残念です。しかし、このメッセージを通して、多くの友人、支援者、そして日本の皆さまと一緒にグラミン日本の設立をお祝いすることができ、大変うれしく思います。グラミン日本が、今後、みなさまのご支援を得て末永く活動し、生活困窮する人々を支援するのに成功するものと固く信じています。

グラミン銀行創設者 ムハマド・ユヌス博士

NEXT

手を繋ぐアイコン寄付について  ハートが浮かぶ手のアイコン支援をご希望の方