overview団体概要

代表者メッセージ

一般社団法人グラミン日本のウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。
1983年にバングラデシュで創設された「グラミン銀行」は生活に困窮する人々にマイクロファイナンスを通じて自立支援を行い その功績が認められ2006年にはノーベル平和賞を受賞しました。 グラミン日本は、グラミン銀行のビジネスモデルを参考に 2018年に日本で創設されたマイクロファイナンス機関です。 経済的に苦しい状態にある方々に低金利・無担保で少額融資を行うほか、 起業・就労トレーニングなどを通じて自立を支援しています。

いま、日本国内では格差が広がっています。先進国と呼ばれる日本ですが、所得格差は徐々に拡大しており、日本の相対的貧困率は15.4%(厚労省2018年)で、国民の6人に1人、約2,000万人が貧困ライン以下での生活を余儀なくされています。
経済的貧困の背景には「困窮者の孤立」「支援の分断」「就労機会の限定」といった課題があり、自助努力や断片的な支援のみで、抜本的に問題を解決するのは困難です。
特に、シングルマザーや介護離職した女性などの状況は深刻で、彼女たちの実情に則した包括的な起業および就労支援が求められています。

グラミン日本は、グラミン銀行を祖とするソーシャルビジネスの考え方に基づく経営を行い、意欲のあるシングルマザーや若者を応援していきます。 このようなグラミン日本の活動は、SDGsの一番目の目標である貧困の撲滅に資するのみならず、資本主義経済の枠組みから社会問題や環境問題を生み出す基本的な欠陥を取り除き、新しい社会経済システムの創造に向けて確実に歩を進めるものでもあります。私たちはいま、社会の矛盾や課題に向き合い、持続可能な社会の姿を追求していく入口に立っていると考えます。
グラミン日本の考えに共感し、グラミン日本と共に世の中に変化を起こしたいと考えている皆さんと、支援の輪を広げ、誰もがいきいきと活躍できる持続可能な社会の実現に向けて貢献できればと考えています。

グラミン日本理事長 百野公裕

グラミン日本 理事長

百野 公裕

グラミン日本 理事長。愛知県生まれ。米国公認会計士。外資系コンサルティングファーム PwC、プロティビティ(旧アーサーアンダーセン)でマネージング・ディレクターとして勤務する傍ら、2017年8月よりグラミン日本準備機構の設立メンバー(プロボノ)として、グラミン日本の設立準備に参画。2018年9月に前職を退職し、グラミン日本理事/COOに就任。2019年10月より現職。

             
名称一般社団法人 グラミン日本
(英語表記:GRAMEEN NIPPON)
所在地〒103-0022 東京都中央区日本橋室町一丁目8番7号 東信室町ビル4F
(地図/アクセスはこちら)
連絡先電話番号:03-3516-2890
設立2018年9月
(東京都貸金業登録交付:2018年8月)
登録番号東京都知事(T2)第31700号
日本貸金業協会会員 第006047号

グラミン銀行について

グラミン銀行 ユヌス博士

1983年に、ムハマド・ユヌス博士によりバングラデシュで創立されたマイクロファイナンス機関です。

貧困や生活に困窮する人々に低金利・無担保で少額融資を行い、貧困脱却と生活自立を支援。設立以来、全世界で延べ900万人以上の女性たちに融資を実施しています。

2006年に貧困層の自立を支援した功績によりノーベル平和賞を受賞しました。

現在、世界40カ国以上で事業を展開。開発途上国のみならず、先進国でも貧困削減に貢献しています。

グラミン銀行 ワールドマップ

Grameen AmericaのWebサイトはこちらから

役員

名誉会長

名誉会長 ムハマド・ユヌス博士
ムハマド・ユヌス博士

1940年、バングラデシュ チッタゴン生まれ。

チッタゴンカレッジで講師を務めたのち、米国の大学で経済学博士号を取得。
1974年の大飢饉による貧困の現状を目の当たりにして、バングラデシュの貧困撲滅のための活動を始める。

1983年、農村部の貧困層の自立を支援するために、無担保少額融資(マイクロクレジット)を行うグラミン銀行を創設。同国の貧困撲滅と平和構築に貢献した功績が称えられ、2006年にグラミン銀行と共にノーベル平和賞を受賞。

ビジネスを通して社会課題を解決する「ソーシャルビジネス」を提唱し、50社以上のグラミン関連企業を経営。国連や多国籍企業、大学等の教育機関ともパートナーシップを組み、世界中でソーシャルビジネスを実践し続けている。

役員一覧

創設者菅 正広
理事長・CEO百野 公裕
理事・事務局長中川 理恵
理事シェーファー・平ダーヴィッド
理事白瀧 征人
理事兒玉 久実
理事髙橋 歌織
監事大倉 然
顧問岩下 千草
顧問宇佐美 潤祐
顧問太田 智
顧問金 辰泰
顧問児玉 都
顧問小林 立明
顧問根本 剛史
顧問羽生田 慶介
顧問東出 忠昌
顧問三上 幸司
顧問望月 利昭

2022年4月現在。五十音順。敬称略
企業、NPO、金融機関、コンサルティングファーム出身者を中心に、弁護士・会計士・戦略コンサルタント・税理士など各分野の専門家などの有志が参画。「あせらず、着実に」、そして”Fast alone, Far together!”(アフリカのことわざ「遠くへ行きたいならみんなで行け」)をモットーとして活動に取り組んでいます。

アドバイザリーボード

青井 浩株式会社丸井グループ 代表取締役社長
入江 のぶこ東京都議会議員
内田 士郎SAPジャパン株式会社 代表取締役会⻑
江成 道子一般社団法人日本シングルマザー支援協会 代表理事
大石 英司株式会社UPDATER 代表取締役社長
小原 壮太郎一般社団法人the Organic代表理事
加藤 智康三井不動産株式会社 常務執行役員
神永 晉住友精密工業株式会社 元代表取締役社長
橘田 大輔ブラックストーン・グループ・ジャパン株式会社 代表取締役
塩田 真弓株式会社テレビ東京報道キャスター・記者
島田 圭子ラッセル・レイノルズ・アソシエイツ・ジャパン・インク
マネージング・ディレクター
鈴木 敦子NPO法人ETIC.
中内 綾一般社団法人アフリカ協会 理事
中村 誠司Team Energy株式会社 代表取締役
丹羽 恵久ボストン・コンサルティング・グループManaging Director & Partner
原 丈人アライアンス・フォーラム代表理事、デフタパートナーズグループ会長
平野 啓一郎芥川賞作家
藤沢 久美シンクタンク・ソフィアバンク代表
藤田 英明株式会社アニスピホールディングス 代表取締役社長
古村 伸宏日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会 理事長
MINMIシンガーソングライター
安井 正樹PwCコンサルティング合同会社パートナー、一般財団法人PwC財団 代表理事
安田クリスティーナ国際NGO InternetBar.org ディレクター

2022年4月現在。五十音順。敬称略

沿革

2017年2月
グラミン銀行創設者のムハマド・ユヌス博士が講演のため来日
菅正広教授(明治学院大学大学院)とグラミン日本設立について合意
2017年8月
一般社団法人グラミン日本準備機構設立(理事長・菅正広)
2018年5月
クラウドファンディングにより1,000万円以上の資金を調達
2018年8月
貸金業登録交付(東京都)
2018年9月
一般社団法人グラミン日本設立、事業開始
2019年1月
グラミン日本 SDGs コンソーシアム 開催
2019年3月
日本シングルマザー支援協会主催の合同セミナー「協会プレグラミン」 を開始
2019年4月
第1号融資(IT 資格学校授業料として)
第2回グラミン日本 SDGs コンソーシアム 開催
2019年12月
日本シングルマザー支援協会との 協働プログラム「プレグラミン」から初の5人組がグラミン日本で始動
2020年1月
ベビーシッター・家事代行サービスを運営するキッズラインとのコラボ企画「新しい働き方セミナー」が開始、毎月2回継続実施
明治大学商学部小川ゼミ27期生との対話とプレゼン発表会を開催
PwCとの協働プログラム「事業共創ワークショップ」を開始
2020年5月
Accentureとの協働プログラム 「起業・就業支援オンラインワークショップ」のパイロットを開始
2020年8月
READYFORクラウドファンディング 「グラミン日本|コロナで困窮する若者・ひとり親の未来を守る。」を開始
2021年4月
二ホン継業バンクとの連携により、事業承継希望対象者への支援を開始
2021年5月
ランサーズ・日本シングルマザー支援協会とともに、スキルアップトレーニングとOJTを組み合わせたシングルマザー支援事業「フラワープロジェクト」を実施
2021年8月
SAPジャパン、MAIAとともに、就労支援およびデジタル人材育成のためのプログラムを提供開始
2021年10月
ローンディールの企業間レンタル移籍プラットフォームを活用し、レンタル移籍で厚生労働省の人材を受け入れ

年次報告

アニュアルレポートでは財務・会計報告、実績、ご支援企業・団体をご覧いただけます。
 

地図・アクセス

住所:〒103-0022 東京都中央区日本橋室町一丁目8番7号 東信室町ビル4F
(新型コロナウイルス感染症の再拡大に備えた東京都からの「リバウンド警戒期間における取組」に基づき、
当面オンラインのみで業務を行い、本社事務所は閉店させていただいています)

     
手を繋ぐアイコン寄付について  ハートが浮かぶ手のアイコン支援をご希望の方