ムハマド・ユヌス博士からのメッセージ

グラミン日本設立に際して、ムハマド・ユヌス博士(グラミン銀行創設者)のメッセージ

9/13/2018

Message on the Occasion of Establishing Grameen Nippon

1. Congratulations, Masa and his team!
I am sorry that I cannot be in Tokyo to join all of you on this important occasion because of conflict in my schedule with some UN related events. However, I am very pleased to celebrate, through this message, the establishment of Grameen Nippon with many friends, supporters and the people of Japan. I firmly believe that Grameen Nippon will go a long way with support from all of you and succeed in helping the needy people in the coming years.

2. I clearly remember when I met Masa for the first time at Grameen Bank, Dhaka on March 18, 2008. Since then we have been good friends and working together, while he was busy playing his role as an academic and a government official. During this intervening time, Masa asked me if microfinance could be applied in Japan. I advised him that microfinance can be applied anywhere, even in Japan. Masa took it seriously and started planning for it. Now after ten years since I met him we are together to launch the dream project. I am very happy to be with you to celebrate the establishment of the first Grameen replication in Japan.

3. I sent Masa a foreword to his newly published book, “Initiative of Grameen Nippon” four years ago in 2014. Today I would like to send the same message to the Japanese people;

(1) I believe everyone has a strong selfless impulse—a desire to help others and solve human problems. Selflessness is just as powerful as the desire for personal gain. But current version of capitalism has never cared to make use of this strong urge in human beings. As a result, the world economy has continued to grow in a lopsided way, in a selfish way, like eight wealthiest people owning more than the combined wealth of bottom half of the world population. Concentration of wealth in a few hands is getting worse as it grows. The problem is not lack of resources—it’s the failure of our economic system to make those resources accessible to the people who need them most, and also absence of institutions and policies to enable people to recognize their own creative power and unleash them. Social business is an attempt to fix this fundamental flaw in the conceptual framework of present-day capitalism. Social business leads to a new form of capitalism by including a new kind of enterprise based on the selflessness of people. It’s a business defined as a “non-dividend company,” dedicated to solving social, economic, and environmental problems that have long plagued humankind—hunger, homelessness, disease, pollution, and ignorance. In an economy populated by multi-dimensional people with both selfish and selfless urges at the same time, selflessness-induced business initiatives from individuals and corporate bodies can take place to eradicate all social problems.

(2) Poverty is a major testing ground to find the validity of the claim of social business. Unemployment can be turned into entrepreneurship through social business. It can transform job-seekers into job-givers. Microfinance is a form of social business the world is now familiar with. Microfinance, which began in the village of Jobra in Bangladesh, has spread around the globe. There are now microfinance programs in almost every country in the world, not only in developing countries in Asia, Africa and Latin America but also in developed countries like the United States and Europe. Today Japan joins! Congratulations!!

Grameen America is now operating in many American cities such as New York City, Omaha, Indianapolis, Miami, Charlotte, San Francisco and Los Angeles, Houston, and Boston. It is providing small collateral-free loans to local women to start modest businesses or expand their existing businesses. Most of them are single mothers struggling to make a living with dignity. Its success demonstrates that even in the richest country in the world with the most sophisticated banking system, there is a huge need for banking dedicated to serving the unserved and underserved millions.

4. Finally, I would like to conclude this message by sharing my strong belief with all of you; I firmly believe that we can create a world of three zeroes — zero poverty, zero unemployment, and zero net carbon emission, if we are determined to do so. We’ll have to make it part of our life’s wish list if we hope to make it come true. We’ll have to create appropriate concepts, institutions, technologies, and policies to achieve our goals. Old roads always take us to old destination. If we wish to reach new destination we need new roads. The more impossible the new destination looks, the more exciting the task becomes. Social business will be a powerful tool to address the problems Japan is facing. This will be the new road.

I am very happy to hear that Masa and his team also firmly believe “the more impossible the new destination looks, the more exciting the task becomes”. I believe that Grameen Nippon can contribute to the Japanese people and the society to think differently and act differently. I sincerely expect the Japanese people, corporates, banks, the central and local governments, NPOs and the other partners to warmly support Grameen Nippon.

I wish all the best to all the Japanese people and Grameen Nippon!

Professor Muhammad Yunus

Nobel peace Laureate 2006
Founder, Grameen Bank


グラミン日本設立に際してのメッセージ

2018年9月13日

1. マサ(菅正広氏)、彼のチームの皆さま、おめでとうございます!
国連関連行事の予定と重なり、グラミン日本設立という重要な行事に際して東京で皆さまと一緒にいられないことが残念です。しかし、このメッセージを通して、多くの友人、支援者、そして日本の皆さまと一緒にグラミン日本の設立をお祝いすることができ、大変嬉しく思います。グラミン日本が、今後、皆さまのご支援を得て末永く活動し、生活困窮する人々を支援するのに成功するものと固く信じています。

2. 私は、2008年3月18日、ダッカのグラミン銀行で、初めてマサと出会ったことを鮮明に覚えています。爾来、私たちはよき友人でともに働いてきました。この間、彼は学者と行政官として忙しくしてきました。この間、マサは私に、日本でマイクロファイナンスができるかどうかと尋ねたことがあります。私は、マイクロファイナンスはどこでも実現できる、もちろん日本でもと答えました。マサはこの私の言葉を真剣に受け止めて、日本でマイクロファイナンスを始める計画を立て始めました。そして、今日、私たちは最初の出会いから10年、ついに夢のプロジェクトを始めるためにここに一緒に立っているのです。日本で初めてのグラミン型マイクロファイナンス機関が設立されることを、皆さまと一緒にお祝いできることをとても嬉しく思います。

3. 4年前の2014年、マサが『構想グラミン日本』を新たに上梓した際、私はマサに序文を送りました。今日、私はその時と同じメッセージを日本の皆さまに送りたいと思います。

(1)  誰でも他の人を助けてその問題を解決したいという、強い無私の志を持っていると私は信じています。無私の志は、個人的な利益を得たいという欲求と同じくらい強いものです。しかし、現代の資本主義は人間のこの強い志を活かすことに関心を払ってきませんでした。その結果、世界経済は利己に偏った成長を続けてきました。世界で最も裕福な8人が世界の人口の底辺から半分の人々の富を合わせた以上の富を所有するまでになっています。経済が成長すればするほどこの富の集中はひどくなっています。リソースが不足していることが問題なのではなく、最も必要としている人にリソースが届かない経済システムになっていることが問題なのです。人々が自らの持つ創造力に気づいて、その力を発揮できるような制度・政策になっていないことが問題なのです。ソーシャルビジネスは、現在の資本主義の、この根本的な概念的枠組みの欠陥を正そうとする試みです。また、人々が持っている無私の志に基づいた新しいタイプの事業形態を取り入れることで新しい形の資本主義につながるものです。ソーシャルビジネスは、飢餓、ホームレス、疾病、汚染、無知といった人類が長い間苦しんできた社会・経済・環境問題の解決に取り組む「無配当の会社」と定義されるビジネスです。利己の欲求と同時に無私の志を併せ持つ多次元的な人々がいる社会では、個人や組織体の無私の志に基づくビジネスが先駆けとなって、社会問題の根絶を目指すことができるのです。

(2)  貧困問題においてこそ、このようなソーシャルビジネスの真価が問われます。失業はソーシャルビジネスによって起業に変わることができます。失業者は起業者に、求職者は雇用者になり得るのです。マイクロファイナンスは、今や世界中に知られるようになったソーシャルビジネスの一つの形です。バングラデッシュのジョブラ村で始まったマイクロファイナンスは世界中に広まりました。今や世界中のほとんどすべての国にマイクロファイナンスのプログラムがあります。これはアジア、アフリカ、中南米の開発途上国のみならず欧米先進諸国にも言えることです。そして本日、ついに日本がその仲間入りを果たしました! 本当におめでとう!

グラミン・アメリカは、今やニューヨーク、オマハ、インディアナポリス、マイアミ、シャルロット、サンフランシスコ、ロスアンゼルス、ヒューストン、ボストンなど沢山のアメリカの都市で稼働しています。各地の女性が小規模のビジネスを始めたり、既存のビジネスを拡大したりできるよう少額の融資が無担保で実行されています。借り手の女性たちの多くはシングルマザーで、尊厳のある人間らしい暮らしができるようにと頑張っています。グラミン・アメリカの成功で明らかになったことは、最も発達した銀行制度を持ち、世界で最も裕福な国でさえも、金融アクセスが皆無もしくは不足している何百万もの人々が銀行業務に大きなニーズを持っているということです。

4. 最後に、私が固く信じていることを皆さま全員と分かち合うことで、このメッセージを結びたいと思います。それは、3つのゼロ―貧困ゼロ、失業ゼロ、二酸化炭素排出量ゼロ―の世界は、私たちがそのような世界を創る決意を固めれば創ることができると、私は固く信じているということです。希望を実現させたいのであれば、私たちはその希望を人生で成し遂げたいことの一部にしなければなりません。目標を達成するためには、適切な概念、制度、技術、そして政策を創らなければなりません。古い道を歩めば古い目的地にしかたどり着けません。新しい目的地に行きたいのであれば、新しい道を歩むことが必要なのです。新しい目標が不可能に見えれば見えるほど、その仕事はワクワクしたものになります。ソーシャルビジネスは、日本が直面する問題に取り組む有力なツールになります。これこそ新しい道なのです。

私は、マサも彼のチームも「新しい目標が不可能に見えれば見えるほど、その仕事はワクワクしたものになる」と固く信じていると聞いて、とても嬉しく思います。グラミン日本が日本の人々に貢献し、日本の社会がこれまでと違ったように考え、違った行動を取るものと信じています。私は、日本の人々、企業、銀行、中央・地方政府、NPO、その他のパートナーの方々が温かくグラミン日本を支援してくれることを心から期待しています。

全ての日本の皆さまとグラミン日本の幸運を心よりお祈りします!

2006年ノーベル平和賞受賞者
グラミン銀行創設者

ムハマド・ユヌス