倉友粋さん

倉友粋さん

所属
フラワープログラム プロジェクト・マネージャー
活動開始
2021年
分類
個人プロボノ

本業について

普段はインターネット広告の代理店で、人材育成に関わる仕事をしています。
新入社員向けの研修や社内の勉強会の企画・進行などを通じて、社員のみなさんが身に着けるべきスキルや知識を伝えています。

入会のきっかけは?

グラミンを知ったきっかけは、社内のプロボノ説明会でした。大学生の時に子供たちのキャンプやスキーなどの野外活動をお手伝いするボランティアをしていたので、ボランティア活動自体が身近な存在でした。

ただ、社会人になると仕事が忙しく、直接足を運んで活動するのが難しくなり、そんな時に自分の持っているスキルを活かしてボランティア活動をするプロボノという参加方法を知り、これだ!と感じました。

説明会に参加した際、ちょうどグラミンでは私が参加した「フラワープログラム」*のプロジェクトマネージャーの募集をしていました。参加者の方向けの研修プログラムの企画や進行が主な業務だったため、普段の仕事のノウハウを活かせると思い、参加を決めました。

*フラワープログラム:シングルマザーの方を対象に、3カ月間でビジネスコミュニケーションやライティングスキルを身に着け、自立を目指す就労支援プログラム

貧困問題への想い

グラミンに参加するまでは、正直、日常の中で貧困について考えることは多くありませんでした。しかし、フラワープログラムの初日、参加者のみなさんが、自身の置かれている状況やどのような決意でこのプログラムに参加されたかを勇気を持ってお話しくださり、オンライン上ではありましたが、心をぐっとつかまれたような気持ちになったことを覚えています。

貧困というと金銭や物資での援助がまずイメージされますが、本当の意味での自立を目指すには、必要になった時に「自分自身を助けられるスキル」を身に着ける機会を社会が提供することが重要です。そのために自分が持っているものはできるだけ提供していきたいと思い、グラミンの活動に参加しています。

活動についてのやりがいや活動によって得たこと

最もやりがいを感じたのは、手触り感のある参加者の反応を感じられることです。私は普段BtoBの会社でオフィスワークをしているため、自分のやったことが、誰かに届いている感覚がなかなか感じられないところがあります。今回の取り組みの中では、毎回講座を行うごとに、参加者のみなさんの反応が生で感じられ、3カ月のプログラムの中で、気持ちや行動の変化を目の当たりにすることができました。小さいことかもしれないけれども、自分の働きが誰かのためになることを肌で感じることができたのが、最もうれしかったことでした。

また、活動の中で得たものは、普段の仕事では関わることのないプロボノのみなさんとの出会いでした。社会人になってから、関わる方は仕事関係の方が多くなり、特にコロナ禍によって新しい人との出会いは少なくなっていました。そんな中で、さまざまなバックグラウンドやスキルを持つプロボノの方々と一つのプロジェクトを行うことは、私にとって大きな刺激となりました。私の中にある”いつものやり方”が通用せず悩むこともありましたが、お話をするたびに学ぶ点が多くあり、初めて関わる方々と価値観のすり合せをしながら取り組めたことで、自身の考えをアップデートできたと考えています。

これからグラミン日本で挑戦してみたいこと

もっと多くの方にプログラムを提供していく仕組みをつくっていきたいです。今回私が参加したプログラムでは、参加者お一人お一人と向き合うことで、とても実りのある時間を過ごせました。一方で、まだまだサポートを必要としている方は沢山いらっしゃると思うので、個人の力ではなくグラミンという組織として、質の高い講座やサポートをより多くの方に提供できる環境をつくることが重要だと考えています。
また、プロボノにとっても、仕事が忙しい方でも、少しずつ自分の力を使えるような「支えやすい環境」をつくることで、より多くのボランティアが集まるきっかけになればと思います。

グラミン日本でのプロボノ活動を希望される方へ一言

私もはじめは、「自分が持っているスキルは外の世界で役に立つものなのか?」という漠然とした不安を抱いて参加をしましたが、参加者の方の変化や一緒に取り組むプロボノのみなさんとの関わりの中で、「当たり前に自分がやっていることでも、誰かの役に立てるんだ」と実感することができています。ボランティアというと少しハードルが高く感じられるかもしれないですが、どんな方でも「少しだけ自分のできることをできる範囲でやってみる」という小さなアクションが、社会を良くすることにつながるはずなので、迷っている方はぜひ参加をご検討いただきたいです。

手を繋ぐアイコン寄付について  ハートが浮かぶ手のアイコン支援をご希望の方