ムハマド・ユヌス博士との朝食会(3月26日)

3月26日(月)、ホテルオークラ東京にて、来日中のムハマド・ユヌス博士と、菅正広グラミン日本準備機構理事長および準備メンバー等が朝食ミーティングを行いました。

菅理事長からグラミン日本の設立に向けたこれまでの取り組みと今後の予定・展望などについて報告し、ユヌス博士からは”I am delighted to hear that everything is going on track!”(すべて順調に進んでいることを嬉しく思う)とのコメントをいただきました。

また、今後のグラミン日本の展開について、ユヌス博士から、「日本での貧困削減に加え、社会的課題を解決するソーシャルビジネスの普及や起業を後押しするような社会創りにグラミン日本が貢献できるよう、教育機関との連携やソーシャルビジネスの支援も将来的に検討してほしい。また、世界各国でのグラミンの成功事例を最大限活用できるよう、グラミン日本はグラミン銀行やグラミンアメリカと連携して進めていければとよいと思う。」とのお話がありました。

今後、私たちグラミン日本準備機構としては、グラミン銀行、グラミンアメリカ等グラミンのネットワークとの連携をさらに深め、「貧困のない、誰もが活き活きと生きられる社会」を創るため、今夏のグラミン日本の立ち上げに向けて一層活動を加速化していきます。

何卒さらなるご支援をよろしくお願い申し上げます。

(※)グラミン日本準備機構は、現在、連携していただける企業・団体などを募集しております。また、個人・企業・団体の皆さまの資金的・人的サポートもお願いしております。詳しくはグラミン日本準備機構のWebサイト(「連携について」、「ご支援について」)をご覧いただければ幸いです。